スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PS4でネジコンを使いたい

結論から言うとまだ成功していません。

バイオが捗らないので、グランツーリスモが出るまでの繋ぎのつもりで買ったDRIVECLUB VRにスイッチ。



僕はドが付くほどのドペーパードライバーなのもあって、ブレーキを使わないクラッシュ上等ドライビング派。なのでPS1/PS2で遊んでた頃はグランツーリスモシリーズはちっとも上手くならず、リッジレーサー(レイジレーサー)シリーズばかりやってた思い出。DRIVECLUB VRはリアル志向のどちらかと言えばグランツーリスモ系統だと思うのですが、今のところアクセルOn・Offだけである程度は先に進めていけてます。

ところで、ゲームコントローラーのレバーでハンドル操作をうまく出来る人っているの?全然加減が効かないんだけど。かといって、普段から車を運転してるわけではないのでハンコン(ハンドルコントローラー)を使えばちゃんとコントロールできるってわけじゃないけど、っていうかハンコンを設置するようなスペースもなければ、もういい大人なので今更ハンコンなんてって感じです。

その点、ネジコンって小さいのにちゃんとハンドル操作してる気になれて優秀でしたよね。そうだ!ネジコンでDRIVECLUBをやろう!と思いたって色々調べたところ、
  • PS1/PS2のコントローラーをUSBに変換するコンバーターがあり、
  • PS4でPS4用ではないコントローラーを使えるようにするコンバーターがある
ということを知りました。


まずはネジコンをUSBに変換しなければなりません。たくさんのPS1/PS2用コントローラーのコンバーターが売られてきたようですが、ネジコンに対応しているものは少ないらしいです。そんな中、ネジコンに正式に対応しているSMART JOY PAD 3の中古を約1000円で入手。


ネジコン探しに押入れを漁ってたら、ついでにジョグコンとアスキーグリップが出てきました。アスキーグリップはダビスタやってたときに片手で操作できて大変重宝してたから覚えてるけど、ジョグコンなんて一度も使った記憶がないのに何であるんだ?


ネジコンをSMART JOY PAD 3に接続し、SMART JOY PAD 3をWindows 10 64bitのdynabookに接続してみたところ、HID準拠ゲームコントローラーとは認識されるものの、ゲームコントローラーとは認識されませんでした。Windows 10で使える64bit版ドライバをネットで探してみましたが何分SMART JOY PAD 3が2001年発売の古い製品ということもあり有力な情報は見つからず。ちなみに、Windows 10のゲームコントローラーとしては認識されませんでしたが、昔のNESエミュを起動してみたらネジコンのねじりがX方向の移動と認識されてたので、SMART JOY PAD 3自体は動いてそう。
20170319a


それならばと押入れからWindows XPが入った古いノートPCを引っ張り出してきて繋いでみたところ、ドライバーのダウンロードとかしなくても「4軸16ボタン ジョイスティック」とあっさり認識しました。どのボタンにも触れないニュートラルな状態だと下図のようになります。
20170319b


ネジコンのねじりやボタンは下記のようにアサインされてます。

ねじり右X軸+
ねじり左X軸-
LボタンZ軸(アナログ。押し込むと最小値、離すと最大値)
ボタン7(デジタル)
Rボタンボタン8 (デジタル)
ⅠボタンY軸(アナログ、押し込むと最小値、離すと最大値)
ボタン3(デジタル)
ⅡボタンZ回転(アナログ。押し込むと最小値、離すと最大値)
ボタン4(デジタル)
Aボタンボタン2
Bボタンボタン1
十字キー↑ボタン13
十字キー↓ボタン15
十字キー←ボタン16
十字キー→ボタン14
Startボタンボタン10



ちなみにジョグコンは以下のとおり。何も触ってなければX軸、Y軸、Z軸、Z回転は中央値。

ダイヤル右X軸+
ダイヤル左X軸-
L1ボタンボタン7
L2ボタンY軸-、ボタン5
R1ボタンボタン8
R2ボタンY軸+、ボタン6
〇ボタンボタン2
×ボタンボタン3
□ボタンボタン4
△ボタンボタン1
十字キー↑Z軸+、ボタン13
十字キー↓Z軸-、ボタン15
十字キー←Z回転+、ボタン16
十字キー→Z回転-、ボタン14
Startボタンボタン10
Selectボタンボタン9



アスキーグリップVは以下のとおり。

L1ボタンボタン7
L2ボタンボタン5
R1ボタンボタン8
R2ボタンボタン6
〇ボタンボタン2
×ボタンボタン3
□ボタンボタン4
△ボタンボタン1
十字キー↑Y軸+、Z軸+、ボタン13
十字キー↓Y軸-、Z軸-、ボタン15
十字キー←X軸-、Z回転+、ボタン16
十字キー→X軸+、Z回転-、ボタン14
Startボタンボタン10
Selectボタンボタン9



Windows XPでしか認識されないということはSMART JOY PAD 3はDirectInputデバイスとしてしか使えないということなのだろうか?Windows10で認識されないことが気になりつつも、次のステップへ。


PS4用のコンバーターはネットでの評判のよいCross Hair Converterの中古を約10,000円で入手。


resnowのサイトからCross Hair Managerをダウンロード、Cross Hair Converterをdynabookに接続してCross Hair Managerを起動、Cross Hair Converterのファームウェアを最新の状態にして、PS4のゲーム一覧にDRIVECLUB VRが見当たらないので「Custom Game」を追加してSave。

Cross Hair Converterをdynabookから引っこ抜き、PS4のコントローラーをCross Hair ConverterのUSBポート1に、SMART JOY PAD 3をCross Hair ConverterのUSBポート2に接続してからCross Hair ConverterをPS4に接続。

しかし冒頭で述べた通り、ネジコンはPS4で認識されませんでした。SMART JOY PAD 3の代わりに前に買ったBUFFALOのPCやスマホで使えるゲームコントローラーをCross Hair ConverterのUSBポート2に挿したらPS4で認識されたので、SMART JOY PAD 3がダメっぽいです。
スポンサーサイト

バイオハザード7でVR酔い?



PSVR一式が我が家に揃ったのが体調崩して会社を休んだ日だったので、バイオハザード7の1回目のプレイはUSから送られてきたPSVRの動作確認程度。プレイしているうちに内臓がムカムカしてきたけど、それがVR酔いなのか体調悪かったからなのかは判断つかず。

2回目のプレイは最初のボス(?)がなかなか倒せずチャプター1の終盤を何度も繰り返す。ゲームに苦手意識はなかったのでNormalモードで始めてしまいましたがCasualにすればよかったと後悔。しばらくプレイしているとまた内臓がムカムカし出す。グロテスクVerだから気分が悪くなったということではないので、VR酔いかもしれないと思い始める。

3回目のプレイはいきなりチャプター1のボスをあっさり倒せたものの、チャプター2のボス戦で思い通りに動けなくてボスが倒せずイライラ。今回も胃がムカムカしてVR酔いの疑念が確信に。


バイオハザード7の操作方法はゲームコントローラーの左レバーで前後左右に水平(地面に沿って)移動、右レバーで左右旋回(いわゆるヨー回転)なのですが、この右レバーが曲者。右レバーを横方向に1回倒すと30度旋回するのですが、これがパッ、パッと切り替わるのです。VR鑑賞中に自分が立っている位置や見ている方向が急に変化するのは脳がついていけないと思うんだけど。

そして右レバーを上に倒すとHMDで見ている方向が前方(ユーザーから見てPS Cameraのある方向)となるようにプレイヤーの向きがリセットされるのですが、これもパッと切り替わるため自分の頭の向きが見ていた方向に残されたまま(前を向いていない状態)見ている世界が急に切り替わる。これ、どうしてアニメーション(slerp)させないんだろう。30度回転にしろ、向きのリセットにしろスーッと滑らかにアニメーションさせれば、見ている世界がどう動いたかわかってユーザーの違和感は減少すると思うんだけど。

あと、右レバーを押し込むとしゃがむのですが、これも急に低い視点位置に切り替わる。これもアニメーションさせた方がいいと思う。

ここ十数年ゲームをやってないので最近の(特にFPSの)傾向を知らないのですが、個人的には左レバーを上に倒したら「前進=HMDで見ている方向に移動」して欲しい。この操作系の違和感がムカムカの原因かな。


仕事柄HMDをかぶる機会は多いですが、これまで一度もVR酔いなるものの経験がなかったので今回のがそれなのかどうかわかりません。とはいえ、ヘッドトラッキングしながらのウォークスルーに随分慣れているはずの僕でさえ気分が悪くなるのだから、PSVRでVR初体験の多くの方が気持ち悪くなるのもわかる気がします。VRを一過性のブームを終わらせないためにも酔いに懲りずにPSVRで遊び続けて欲しいです。慣れれば大丈夫、と昔の僕なら言ってただろうけど、今はそう断言する自信はなくなっちゃったな。

PSVRが来た

ようやくPSVRを入手しました。
20170308a


PC用のVIVEやOculusには興味があったもののPSVRはそれほどだったのですが、やはり作り込まれたクオリティの高いコンテンツがリリース予定で、何よりも最初の国内出荷5万台が瞬殺というのがインパクトありました。1月26日の再販でも手の届かない存在であることを目の当たりにし、PSVR熱は上昇。

もしPSVRを入手できたらPS4本体やソフト、周辺機器を揃えていこうと思ってましたが、2月4日にamazonを見てたらPS4 Proの在庫があったので即購入。それからは「PSVR 再販」で検索し続ける日々。

そんな中、2月19日だったと思うけどamazon USに1台在庫(定価、amazon販売)があるのを見つけました。カートに入れたら既に販売済み状態で買えませんでしたが。amazon UKはずっと在庫がある状態でしたが日本への発送はしてなくて、この為だけにわざわざ海外転送サービスを使うのもなぁと思い敬遠。

すると、ebayで定価より数ドル安く新品が出品されていたので、悩んだあげくそれをポチッと。送料と関税で7500円ほど余計にかかりましたが、いつ買えるかと数か月やきもきするよりは精神衛生上いいだろうと判断しました。転売屋の養分になった訳でもないし。そして、次の再販でCamera同梱版のPSVRを狙う予定だったので売ってるのを見つけてもスルーしていたPS Cameraをヨドバシ.comで確保。

その後、2月25日の再販が発表され、その日は朝から様子を見ていましたが、ヨドバシは前回同様カートに入れるとこまではできても先に進めず、Sonyは「カートに入れる」ボタンが表示されず、amazonは8時半頃に新品のみで検索をかけるとamazon販売の項目が出てきたのにカートに入れようとすると在庫なし、という具合で、やはり今回頑張ったとしても入手はできなかった運命だったようです。この日にヨドバシでPS Moveを1個買えたのは良かったのですが、2個必要なのに一人1個のみの販売でした。転売対策なんでしょうけど。それ以降、いまだにPS Moveの買い足しはできていません。


PSVRの到着見込みは3月2日~9日ということで、それ以降もいろいろなサイトでPSVRの状況を見てましたが、3月2日にamazon USに1台だけ在庫を発見。カートにも入れられる状態でした。翌日の夕方に在庫が復活(しかも個数を30個まで選択可能)し、その状態が現在(3月8日3時)も続いてます。PSVRがどうしても欲しくて保障とか気にしないのであれば送料など数千円かかりますがamazon USから買うのも一つの手ではないでしょうか。


USからの荷物は意外とすんなり届くという印象があり、週末には手元にあるものだと思ってたのに届かなかったので、ebayのサイトから配送状況を調べると、USから日本への輸送はUPSが扱っていて3月3日に日本に到着して4日に通関済みということがわかりました。
20170308b


そこから先の状況はUPSはトラッキングしてませんが、そういう時は「メールで国内のトラッキング番号を問い合わせできる」とネットで見たのでUPSに問い合わせてsagawa-globalのトラッキング番号を教えてもらいました。早速sagawa-globalのサイトでトラッキング情報を見てみると3月6日夕方時点ではUPS同様3月4日通関許可というところまでしか情報が表示されなかったので、こちらもメールで国内での配送状況をトラッキングするための伝票番号を問い合わせて、番号と一緒に「明日発送予定」という蕎麦屋の出前のような回答を貰いました。で、予告通り今日7日に到着。
20170308c



ソフトはバイオハザード7とDRIVECLUB VRを買ってあり、バイオハザードをちょっとプレイしてみましたが、その感想はまた後日。

VisualStudio備忘録

社長にそれとなく会社を辞めようと思ってることを伝えました。自分としては、会社にいると日々の仕事に追われてできなかったちょっとした事を別動隊としてチャレンジしてフィードバックするとか、そういうことをやれたらいいなと虫のいいことを思っているんだけど、どうなるかな。

1月26日のPSVRの追加販売、ヨドバシのサイトでカートに入れるとこまではできたのに、そこから全然繋がらず、結局買えませんでした。アマゾンのサイトも見張ってたけどいつ発売されたのかすらわからないくらい瞬殺だったらしい。


さて、Visual Studio 2015でおかしな現象が起きていたので備忘録。

デバッグするとPCがフリーズする
Win10のいつかのUpdate以降PC全体のパフォーマンスが悪くなりDisk使用率が100%に張り付くことが多いので、なんとなくHDDの状態がよくないのかと思ってchkdskとかやってみたけど効果なし。検索してみたら、まさに東芝製PCでVisualStudioがフリーズするという記事をいくつか見つけました。どうやらプリインストールの電子書籍アプリで使われているcymon.sysというサービスが悪さをしているらしいです。こちらを参考にレジストリエディタでcymon.sysを殺しました。開発元もこの問題は認識しているようで、修正モジュールもリリースされています。

デバッグしようとすると毎回「このプロジェクトは変更されています」
ソースをいじってないのにデバッグするたびにプロジェクトが変更されていると言われるが、ファイルのタイムスタンプを調べても更新はされてない。よくよく調べたら、存在しないReadMe.txtがプロジェクトに追加されていたのが原因でした。

DLLにステップインできず、ブレークもしない
実行はされているはずなのに、ステップインできず、ブレークポイントを設定しても止まらず、困ってました。出力ウィンドウをみたらデバッグ対象のDLLロード時に「PDB ファイルを開けないか、ファイルが見つかりません。」になっていて、プロジェクトの設定で「C/C++ > 出力ファイル > プログラムデータベースファイルの名前」と「リンカー > デバッグ > プログラムデータベースファイルの生成」が同じファイル名になっていたのが原因でした。C/C++の方をデフォルト値の「$(IntDir)vc$(PlatformToolsetVersion).pdb」に戻して解決。

Virtual RealityとRealistic Virtuality

ここ2か月ほど深夜・週末も働かなければならないほど仕事が詰まっていたのですが、それに関連して理屈ではなく感情的・心情的に気に入らないことが続き、会社辞めたい熱が急上昇してます。食っていけるのならばすぐにでも辞めたいくらいですが、会社に退職金制度がないので躊躇しているという状況で、精神的ストレスが蓄積していく一方です。

さて、Steamを見てもVRアプリって今ひとつパッとしない(じっくりリサーチした訳ではないけど)のに、PSVRは『ヒア・ゼイ・ライ -眠りし者たち-』みたいに凝ったコンテンツが発売され始めてます。現時点ではPSVR用ソフトだからといって全部が全部面白そうという訳ではない(←個人的嗜好の話)けど、やはりPS4という市場と、5万台即完というパイの大きさは今後OculusやViveを置いてきぼりにする可能性すら感じます。というわけで、一週間ほど前からPSVR(とPS4Pro)を買う気満々になってるのですが、全然買える状況じゃないんですね。気長に待つしかないのか。

VRゲームってRealistic Virtuality(リアルな仮想空間)だと思うのです。こういうリアルなコンテンツを作成にするには膨大な金と人手が必要なので大手に任せるしかありません。でもVRの本当の発展には個人がこじんまりとVRコンテンツを発信できることが必要だと思うのです。その鍵がVirtual Reality(仮想化した現実)だと考えていて、そこを追及してみたい、そのために僕の人生の時間のほとんどを奪っている会社をすっぱり辞めてしまえたらいいのに、とプラスなのかマイナスなのかわからない気分で始まった2017年。
プロフィール

JVR(自腹)

Author:JVR(自腹)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。